ごあいさつ

顔写真

製造実力世界ナンバーワンの
電炉メーカーを目指して

 王子製鉄は、建築、土木、産業機械等の多種多様な用途で使用される平鋼を製造している平鋼業界のリーディングカンパニーです。お客様に高く満足していただく短納期・高品質の商品をお届けすることはもちろんのこと、鉄スクラップを再利用し鉄鋼製品によみがえらせることで、循環型社会の一翼を担うとともに、鉄鋼業界トップレベルの省エネルギープロセス(設備装備力)で環境・省エネルギー社会に貢献していきます。

 当社の歴史は、東京の王子にあった理化学研究所をルーツとし、科学を実際に役立たせる目的で1935年に圧延工場を創立したのが源流であり、「技術へ挑戦するDNA」が脈々と流れています。

 50年前の1970年にすでに環境対策として「緑の田園工場」を構想。地域で発生したスクラップを再利用し、省エネルギータイプの電気炉と圧延工場を直結させた一貫製造工場を群馬県の太田市に建設して、資源循環型の環境にやさしい製造プロセスを構築しています。更に、防音建屋の採用、圧倒的な集塵装置及び水処理設備、周囲には30,000本の森林と桜の木の植樹により、まさに「緑の田園工場」を実現しています。

 また、600サイズ以上の多彩な形状の平鋼メニューと高品質・短納期で他社を圧倒し、お客様からは「王子ブランド」として高い評価を頂き、その結果として平鋼のトップシェアを確保しています。この小ロット、多サイズを生産性を落とすことなく高品質で製造する技術は、長年の技術挑戦、現場力育成の賜物であり、製造コストの優位性により安定的な収益確保に大きく貢献しています。

 2020年に現在の電気炉稼働から20年が経ち老朽化が進んできたため、更なる商品力向上、省エネルギー、生産効率化を目指して、Next Oji Project(NOP)を展開し、設備をリフレッシュしています。絶え間なく技術に挑戦し、革新的製造プロセスと、これをしっかり使いこなす現場力で製造実力世界ナンバーワンを成し遂げ、お客様に感動して頂ける商品力と最高水準の鉄鋼製造技術、更に省エネルギーで鉄鋼業をリードし、地域、社会に貢献していきたいと考えています。

代表取締役社長田邉孝治