沿革

当社は電気炉による製鋼から熱間圧延鋼材までの一貫製造・販売を主要な事業としています。
その歴史は、(財)理化学研究所第3代所長大河内正敏博士らが自らの理論を実践し、科学と工業とを一体化させた産学複合体である「理研コンツェルン」の内の一つとして、1935(昭和10)年に設立された「理研特殊鉄鋼㈱」王子工場内の圧延(熱延)工場に源流をみることができます。
その後、1955(昭和30)年には、大同製鋼㈱に吸収合併されましたが、翌1956(昭和31)年大同製鋼㈱王子工場単圧部門を分離独立し、王子製鉄㈱が創立されました。
当初は異形棒鋼・丸鋼・角鋼・平鋼など各種の条鋼類を生産し、特に異形棒鋼は「王鉄バー」の愛称で多くのユーザーから高い評価を得ておりましたが、生産拠点を群馬工場へ集約しつつあった1970(昭和45)年代から将来の市場性、需要構造の変化を見据え、次第に平鋼専業メーカーへの道を歩み始め、1978(昭和53)年には完全に平鋼に特化しました。
その後幾多の変遷を経て、平鋼専業トップメーカーとして確固たる地位を築き、2007(平成19)年、新日本製鐵㈱(現:日本製鉄㈱)の傘下に入り今日に至っています。

   

沿革

創業 1935(昭和10)年 「理研コンツェルン」の一つとして「理研特殊鉄鋼㈱」設立
1937(昭和12)年 「理研特殊鉄鋼㈱」王子工場内に圧延(熱延)工場設立、操業開始
その後、合併により「理研重工業(株)」、更に「理研工業(株)」と改称され、1949(昭和24)年には財閥解体により14社に分割され、「新理研工業(株)」王子圧延工場として再発足
1955(昭和30)年 大同製鋼(株)が新理研工業(株)を吸収合併、当社の前身は大同製鋼(株)「王子工場」と改称
創立1956(昭和31)年大同製鋼㈱王子工場単圧部門を分離独立し、
「王子製鉄株式会社」を創立
綾瀬工場設立1959(昭和34)年武蔵製鋼(株)を吸収合併し、綾瀬工場と改称
高崎工場設立1966(昭和41)年大寿製鉄(株)を買収し、群馬製鋼(株)高崎工場と
改称
群馬工場建設1970(昭和45)年 “緑の田園工場”構想のもと、綾瀬工場及び群馬製鋼㈱高崎工場を群馬県新田町(現太田市)へ集約し、製鋼工場操業開始
圧延工場移転1974(昭和49)年第一圧延工場完成。
製鋼・圧延一貫体制確立
1976(昭和51)年第二圧延工場完成。
「工場再配置促進法」に基づく本社工場移転完了
電気炉更新1999(平成11)年炉頂予熱装置付80t炉(MSP-DC炉)導入、
取鍋精錬炉更新、
原料全自動配合装置付スクラップヤード新設、
製鋼建屋増築
連続鋳造・圧延
設備更新
2004(平成16)年第一圧延工場粗列改造・
新加熱炉(加熱炉・均熱炉)設備完成
連続鋳造設備更新(4号CCM)、
取鍋自動クレーン(170t)新設
材料ヤード自動クレーン新設
筆頭株主の変更2007(平成19)年筆頭株主が大同特殊鋼㈱から新日本製鐵㈱(現:日本製鉄㈱)となる。
(議決権比率51.5%)
ISO取得2010(平成22)年ISO14001(認証事業所 群馬工場)、ISO9001認証取得
王鉄圧延(株) 2014(平成26)年 中央圧延(株)第二圧延工場を買収し
「王鉄圧延(株)」設立。
2015年(平成27年)に休止